会長挨拶

教育情報研究の発展を期して

 日本教育情報学会は、1985年に故木田宏初代会長(元文部事務次官)のもと産官学より多くの有識者が結集し設立された。そして教育情報に関する学際的な教育研究を取り上げ、とりわけ実践を重視したなかで理論との融合をめざした。これらは、後藤忠彦前会長(岐阜女子大学学長)により継承され発展してきた。一つに、科学技術の進展や社会のニーズに伴う、デジタル・アーカイブ、著作権、ICT教育活用等の研究。二つに、木田宏文庫の創設、およびその貴重な資料をもとにした教育委員会制度のあり方や教科書問題等に関する会員間の協働活動。三つに、多くの有能な教育実践者や企業家の会員諸氏を教育研究者として輩出してきた。

 今後、歴代会長による理念の「伝承」を堅持し、会員相互の「協働」を通して新たな創造と発展を図り、理論と実践の架け橋となる組織になるよう尽力したい。そして、実践者を教育研究者として輩出し社会に貢献できることを願っている。これらを実現するために、学会論文誌の質向上(編集委員会)、会員への有益な情報提供サービス等広報活動の充実(広報委員会)、研究会活動の活性化(研究会委員会)、グローバル化にむけた国内外での産学の諸機関との連携促進(国際交流委員会)を重点項目として取り組みたい。会員各位におかれては、引き続き本学会の発展にご協力、ご教示いただくよう切に祈念している。

会長 林 德治