活動内容

日本教育情報学会では、設立当時より著作権、教材開発、コンピュータの教育利用、教育情報などの分野で研究会活動を行ってきました。
これらの経緯を踏まえて今日的課題である著作権、デジタルコンテンツの教育利用方法、不登校、いじめなど、 教育現場が直面している重要課題について議論し、研鑽を深めることを目的とする研究会を設置しています。

ICT活用研究会
 会長:
河野 敏行(岡山理科大学)
副会長:
反田 任(同志社中学・高等学校)
鍋谷 正尉(大田区立東調布第一小学校 )

 本研究会では、ICTを効果的に活用し、児童・教員相互に働きかけ、豊かで力強い人間力を育成していくことをテーマとする。そのために、以下の 7 つを柱としてそれらを取り巻く問題点を共有して、改善のための取り組みを行う。

(1)教材開発
(2)サポートシステム構築
(3)プログラミング教育
(4)教員のスキルアップ
(5)ICTの活用促進のための環境作り
(6)ネット会議システム利用の確立
(7)研究発表の支援

教育資料研究会
 会長:
加藤 直樹(岐阜大学)
副会長:
齋藤 陽子(岐阜女子大学)

 教育実践やそれに伴う様々な教育資料を広く捉え、過去の教育実践や現在の教育実践、そしてこれからの教育実践などの在り方について検討し、よりよき教育の在り方を探っていくことを目的として本研究会を実施していく。
特に、保・幼・小・中・高校の先生方と大学の研究者や企業の方々とを繋ぐような研究会活動を実施していく。研究会の開催を通して、多くの教育関係者より発表をできるようにし、このつながりを実現していく。

教職開発研究会
 会長:
森 雅生(東京工業大学)
副会長:
武田 正則(国立仙台高等専門学校)
高田 英一(神戸大学)
福井 正康(福山平成大学)

 本研究会では,平成30年度の計画として次の3点を掲げる.

(1)体験型研究会(担当:福井)福山平成大学で開発した2つのソフト(Moodleによる学習システム,College Analysis)を利用した体験学習.
(2)ファシリテーション研修(担当:武田)いま,教育において,アクティブラーニング型授業(以下,「AL」と記す)が注目され,授業実践が盛んに行われている.この学習は,主体的・対話的で深い学びに導くために,自らの主体性を生かし,仲間とのコミュニケーションを取りながら,学生自らの力で課題解決を図ることにある.その学習形態として,ペアやグループ学習が多様に取り入れられている.しかし,未だにその指導法が確立されていない.本研修会では,ALの指導法の一つになるファシリテーションの習得を目指す.
(3)本学会員の国際会議への参加支援(担当:森・高田)国際交流研究会と共同で,本学会員の国際会議等への参加支援を行う。

著作権等研究会
 会長:
坂井 知志(常磐大学)
副会長:
塩 雅之(常磐大学)

 著作権、肖像権、個人情報等について研究を深め、教育活動の情報化が権利侵害がないように展開するための具体的な方策について検討を行う。

デジタル・アーカイブ研究会
 会長:
皆川 雅章(札幌学院大学)
副会長:
井上 透(岐阜女子大学)

 博物館、図書館、文書館等において所蔵資料のデジタルアーカイブ化による保存と流通への取り組みが全国的に進められています。また、学校教育にあっても既存のデジタルアーカイブを活用するだけでなく、教材デジタルアーカイブを作成する試みが進展しています。さらに、企業や官公庁の知識基盤としてのデジタルアーカイブ化も始まりました。本研究会は、理論研究だけでなく、教育現場をはじめとするさまざまな場面での課題解決に実践的に取り組みます。

(1)デジタルアーカイブの理論研究
(2)デジタルアーカイブの実践研究
(3)デジタルアーカイブを通じて図書館、博物館、文書館との連携促進

国際交流研究会
 会長:
小川 勤(山口大学)
副会長:
陳 那森(関西国際大学)

 本研究会では学会の研究委員会の下に設置された「国際交流研究会」において、海外の研究者との学術交流を推進していく上での課題やグローバル人材の育成に関する方法や課題、その解決等について研究・協議する。また、今後の学術交流の在り方について検討するとともに、本学会と海外の学会との学術交流を推進する。

特別支援教育AT研究会
 会長:
金森 克浩(国立特別支援教育総合研究所)
副会長:
佐原 恒一郎 (千葉県つくし支援学校)
太田 容次(京都ノートルダム女子大学)
新谷 洋介(国立特別支援教育総合研究所)

 特別支援教育におけるICT活用、とりわけAssistive Technology(AT)について研究を行う。障害のある児童生徒に対する「合理的配慮(国連:障害者の権利に関する条約に準拠)」におけるICT活用について、開発・実践・研究を行う。会員は全国にまたがるため、Facebook上の研究会において常時情報交換を行うとともに、教育情報学会年会やマジカル・トイ・ボックス(東京都の特別支援学校教員を中心としたAT研究会)イベント(年2回オリンピックセンターで開催)、各都道府県で実施されるICT活用研究会(九州地区の九州e-AT研究会やDon TACイベント、東海地区の東海カンファレンス、北陸・関西・四国地区のチャレンジキッズ研究会等)においてその成果の報告・交流を行う。

プログラミング教育研究会
 会長:
山本 利一(埼玉大学)
副会長:
本郷 健(大妻女子大学)

プログラミング教育研究会では,各種発達段階におけるプログラミング教育の実践事例を収集すると共に,それらを幅広く発信する研究会として,活動していきます。
教育のグローバル化や,扱う情報が飛躍的に増加している予測困難な時代を児童・生徒が生き抜くためには,これらプログラミング教育を通して身につくような資質が求められることは周知のことでです。
情報が諸資源と同等の価値を有し,それらを中心として機能する社会においては,情報を適切に処理できる人材の育成が不可欠となっています。
本研究会は,初等中等教育のプログラミング教育の推進と,高等教育や国際比較研究の観点を含めて,それらの効果(実践事例)と今後の課題(人的・物的環境など)を発信していきます。

IR研究会
 会長:
森 雅生(東京工業大学)
副会長:
石井 雅章(神田外国語大学)

インスティテューショナル・リサーチ(IR)は,大学の経営および意思決定支援,計画策定のツールとして,教育・研究活動のみならず,人事や組織内資源配分,計画立案に欠かすことのできない機能として認知されつつある。国内での経緯として,教育に関するIRが十数年前に米国から紹介されたが,日本では,当時から注目されていたデータサイエンスの隆盛と相まって,先進的なデータ分析に基づく大学経営の支援の実現に期待が寄せられた。本研究会では,IRの基礎から先進的な取り組みまでの事例研究を通して,これからのIRの在り方や人材育成について議論を行う。